阪神西宮駅すぐ整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 みやみつ整形外科リハビリクリニック
トップページ
サイトマップ
ごあいさつ 診療時間・アクセス 施設案内 リハビリテーション トピックス 求人情報
   腰 痛
  五十肩・肩こり
   ヒアルロン酸と関節
   骨粗しょう症
   リウマチ
   高尿酸血症・痛風
 


  腰痛おこす病気・・・・・・


腰痛を起す疾患は数多くありますが、代表的な疾患をご紹介します。

●椎間板ヘルニア  

 

 

軟骨が後方に突出し神経を圧迫する病気です。
青壮年者に起こる、代表的な腰痛です。

 

 

 




●脊椎分離およびすべり症
 

 

上半身と下半身をつなぐ腰骨の一部が分離し、不安定になって痛む病気です。
成長期に激しいスポーツをしたりすると起きやすい病気です。

 

 



●脊柱管狭窄症
  脊柱管が狭められているもので、骨の発育異常や老化、あるいは変形が原因です。
  神経や血管を圧迫し腰痛や下肢痛などを引き起こします。
  これは腰かけて一休みするとまた歩けるようになるのが特徴です。

●変形性脊椎症
  高齢者の腰痛の代表格です。
  老化現象によって椎間板や椎間関節に変形がみられ、神経を圧迫したり、関節炎を生じたりします。
 



  姿勢と腰痛・・・・・・


正しい姿勢でいる場合には腰痛というものは起きにくいですが、長時間同じ姿勢でいたり、姿勢が悪くなると脊椎の弯曲が変わって腰痛が起きやすくなります。普通なら2〜3日すれば治ってしまうのですが、毎日のように繰り返されれば持続する腰痛となります。日常生活での姿勢の改善により慢性の腰痛の大部分は自分で治すことができます。
腰痛には腰のそりが最も悪く、リラックスした姿勢を保つこと、適度の運動、特に腹筋強化運動が大切です。

Copyright (C) 2007 Miyamitu Orthopaedice Clinic. All Rights Reserved.